会長挨拶

筑波大学生命環境系 教授 林 久喜

 新型コロナウイルス禍の中で、いかに今まで通りの会員サービスを維持していくかは、今期の理事会にとって大きな課題となっています。本学会の大きな特徴である、現地検討会と、これとセットになったシンポジウムで構成される秋季大会は、講演会のようなリモート開催で果たして代替できるのか、現地検討の混雑をいかに解消できるのか、など課題は残されています。一方、春季大会の講演会は、若い学会員が聴衆の前でいかに自分の研究を魅力的に発表できるか、その経験を積めない課題は残るものの、一定の目的は果たせるようになりました。また、リモート会議が誰でも簡単に参加・実施できるようになり、総会、評議員会、理事会など、会議開催のための時間と経費は大きく削減できるようにもなりました。理事会はこの社会情勢下で最良の方法を模索しながら、会員が実施する農作業研究を支援し、会員交流を図っていきたいと思っております。

 今期の理事会では前期の理事会で明らかになりました会務運営上の課題を改善し、これを円滑に進められる手順を構築することを当面の目標にしております。そこでは、各委員会の負担軽減、電子投票方式も含めた役員選挙制度の改善、会員の幅広い能力の活用推進に加え、支部組織の主体的な活動推進を図りたい思っております。

 本会は学術賞、学術奨励賞、功績賞、優秀地域貢献賞、優秀学生賞の表彰制度を設けておりますが、これら表彰制度を最大限活用して会員のモチベーションを高め、もって会員のステップアップにつながるように更に支援していきたいと思っております。

 先日公表されました「みどりの食料システム戦略」では、2050年までに農林水産業のCO2ゼロエミッション化、化学農薬50%低減、化学肥料30%低減、有機農業の取組面積比率を25%、100万haに拡大、化石燃料を使用しない施設園芸への完全移行などを目標にかかげ、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現しようとしております。会員の皆様は、国の施策に沿って各地域の課題解決に向けて尽力すると共に、研究者としての自由な発想の下で、施策の先を見据えた課題設定とその解決に向けて挑戦を続け、本学会活動で成果を公表していただければと願っております。

 学会活動は会員一人一人が、会員としての責務を果たした上で学会を大いに利用して、会員の研究成果を公表していただくことが何より重要です。理事一同、更に魅力ある農作業学会へと発展するよう尽力しますので、会員一人一人のご支援をよろしくお願いいたします。

過去の会長挨拶 

このページのトップへ