2018(平成30)年度 秋季大会

シンポジウム・現地検討会 -大規模畑輪作におけるスマート農業による課題解決の取り組み(仮題)-

» 開催地日程問合せ先参加アクセス

速報版

開催地

北海道 帯広市周辺

協 賛

依頼中

開催趣旨

 北海道の畑作は小麦,てん菜,バレイショ,マメ類等の輪作を中心に行われてきたが,労働力不足や作付面積の増加により,労働時間が長い根菜類の作付面積が減少しており,転機を迎えている.本シンポジウムでは,現在進行中の「革新的技術開発・緊急展開事業(うち経営体強化プロジェクト)」における取り組みを中心に,北海道の畑作がかかえる課題解決のために実施している地域の取り組みを紹介し,これらの実施に欠かせないスマート農業の取り組み状況を紹介する.

 

開催日・日程

2018(平成30)年9月20日(木)・21日(金)

シンポジウム 9月20日(木)
13:00~17:00
とかちプラザ 2F視聴覚室
飲食できません(スクリューキャップ付の飲み物のみ持込可)

大規模畑輪作におけるスマート農業による課題解決の取り組み(仮題)

基調講演:
講 演:
  • 十勝・オホーツク地域における大規模土地利用や支援組織形成の取り組み,圃場情報の一元的利用による可変施肥技術の向上や,畑作地帯におけるロボットトラクタ利用に求められる作業内容の多様性と対応方法等についての講演を準備中です
研究交流会 9月20日(木)
18:30~20:30
(予定)
帯広駅前周辺
現地検討会 9月21日(金)
 8:30~15:00
集合場所:
とかちプラザ 玄関前
見学場所:
  1. 鹿追町生産者圃場(予定)
  2. 北海道農業研究センター芽室拠点(予定)
  3. ビート資料館(予定)
小麦播種やバレイショの収穫が重なる農繁期の作業をご覧いただく予定です

バスで移動します.自家用車での参加はご遠慮ください

 

大会委員会・実行委員会

大会委員長 佐藤 禎稔  (帯広畜産大学
実行委員長 辻 博之   (農研機構 北海道農業研究センター
事務局
(問合せ先)
農研機構 北海道農業研究センター 芽室拠点
 辻 博之 E-mail
〒082-0081 北海道河西郡芽室町新生南9-4
Tel: 0155-62-9284

 

会場および交通のご案内

 

宿泊のご案内

各自手配してください。

 trivago

入会案内

大会案内

秋季大会

  • 参加申込 (準備中)

バックナンバー

このページのトップへ